Cell Assisted Lipo Transfer (CAL) 脂肪由来幹細胞(幹細胞)「CAL(Cell Assisted Lipotransfer)組織増大術」

自分の幹細胞を使う再生医療技術 「CAL(Cell Assisted Lipotransfer)」

CAL組織増大術(CAL)はご自身の脂肪と脂肪由来幹細胞(幹細胞:(Adipose derived Stem Cell:ASC))を用いる新しい再生医療技術です。

あなた自身の脂肪から幹細胞を抽出し、密度を高め微量ずつ広範囲にわたって移植部位に注入します。自分の脂肪組織を使用するため、異物反応などの心配がなく、より安全な施術といえます。

これまでの脂肪注入では、幹細胞が少ない脂肪を注入していたため、ほとんどの脂肪が生着することができず、注入した脂肪が減ってしまうことが課題でした。幹細胞を多く含む脂肪を注入するCALはその課題を幹細胞の力で解決する新しい医療技術です。

More

求められるものに変化する幹細胞

幹細胞は、注入されると脂肪細胞になったり、その脂肪細胞に血液を供給する血管になります。

脂肪細胞は2年から3年の寿命だと言われており、今の脂肪細胞が寿命を迎えるとき、たくさんの幹細胞があれば今の脂肪細胞が年をとっても、次々に新しい脂肪細胞が生まれてきて、脂肪が減ることもなく移植部位で新しい血管を形成しはりめぐり栄養と酸素を運び、注入した脂肪に脂肪が生きていくための良好な環境ができあがるため、細胞の壊死が起きにくく、通常の脂肪注入法と比べて、脂肪の生着率(定着する割合)が極めてが高く、持続期間も長いことが特徴です。

More

専用ラボ・専用シリンジ

培養は本当に難しくそれなりの施設がないとできません。

当クリニックは、日本初セルプロセッシングセンターと手術室を一体化した設備(Cell Processing and Surgical Unit: CPSU)を設置しました。脂肪組織からの幹細胞群の採取は、CPSU内の無菌手術室に隣接した無菌細胞処理室において行われ、専門の訓練を受けたスタッフにより幹細胞抽出を行います。幹細胞の抽出工程に培養や遺伝子操作はいっさい含まれません。この作業は脂肪組織の 採取・移植の手術中に行われ、採取された新鮮細胞群は手術室に戻されて脂肪組織とともに速やかに目的部位に移植されます。

注入はCAL組織増大術専用に開発した注射器(シリンジ)によって、ごく微量ずつ満 遍なく脂肪を注入するので、移植部位で脂肪がシコリになることが少ないという特長もあります。

 

More

幹細胞の量を増やした脂肪を注入

 

いろいろな医療機関などで機械で自動的に幹細胞を取り出す濃縮コンデンスリッチ、セリューションなどと言われていても
『脂肪幹細胞注入』は日本でセルポート横浜クリニックでしかその認可が国から降りていません。
脂肪吸引後に吸引脂肪を二つに分け、一方の脂肪から幹細胞が多く含 まれる細胞群を手作業で抽出し、その細胞群をもう一方の吸引脂肪と混合する脂肪幹細胞注入方法は、セルポート横浜クリニックに続き、医師の技術研修、使用する機械や術具、薬品のクオリティ、設備の整った施術室と細胞保管室など多くの厳しい条件を日本国内はもちろん、世界中のクリニックの中から全ての条件をクリアし、世界初提携クリニックとして当院だけが行えており、移植後の幹細胞の『数』の定着率に差が出ます。

 

More

定着率はとても大事

 

注入した脂肪はある程度体に吸収されてしまうので、同じ100ccでも幹細胞の数が2倍のCAL、幹細胞が多いと言うことはそれだけ定着率が高いということになります。

-例-
CAL組織増大術:
400ccの脂肪を取り出し①注入用200ccと②幹細胞抽出用200ccに分け①、②各50個ずつ幹細胞が入っています。①注入用200ccを遠心分離機にかけて不純物を排除し100ccになり幹細胞は50個入ってます。②幹細胞抽出用からは幹細胞50個だけを取り出します。②その50個を①注入用100ccに足します。①+②=幹細胞が100個入った100ccの 注入用脂肪ができます。

一般的な脂肪注入術:
200ccの脂肪を取り出し、その中に50個幹細胞が入っています。それを遠心分離機にかけて不要なものを排除しました。そしたら100ccになりました。この100ccの中に幹細胞が50個入っています。確かに濃度は濃くなったけど、幹細胞の数は変わってない。

 

More

他の部位にも

 

胸以外にも、ロンバーグ病や膠原病などで変形した顔、ケガなどで欠損した部分などにもCALは有効です。
CALが得意としている顔の手術はたくさんあります。おでこを丸くする、こめかみの凹みをうめて若々しく、また加齢による頬の凹み、目の下のくぼみ、もちろんフェイスリフトなどとの組み合わせも可能です。引き上げ&ふっくらでかなり若返ります。CALは脂肪再生だけでなく、血管新生も促すので皮膚の血行も改善して顔色が明るくなる効果もあり、CALを行った部部の乳房や顔の組織は柔らかく、自然な感触が持続するという特長があります。

More

FAQs

手術後にレントゲン撮影をすると豊胸手術をしたということがわかりますか?

ご自身の脂肪を注入しますのでレントゲンで豊胸手術をしたことは分かりにくくなります。

脂肪吸引を行う際にできる傷跡は残りますか?

脂肪吸引用のカニューレを挿入するため、鍵穴程度の傷跡ができますが、数ヶ月ほど経過すれば少し色がついている以外、
ほとんど分からなくなります。

手術の効果はどのくらいもちますか?

CALでは、注入した脂肪の一部は吸収されますが、残りは幹細胞の効果で生着し維持されます。
半年程度を経て吸収されず定着した脂肪は、その後加齢とともに少しずつ減っていきます。

痛いですか?。またどのくらい続きますか?

脂肪を吸引した部位に、強い筋肉痛のような痛みが約2週間程度続くことがあります。脂肪を注入した部位も、数週間は
腫れや痛みが出る方もいらっしゃいます。個人差がありますが、浮腫み、違和感など症状があっても必ず徐々に落ち着きます
のでご安心下さい。

授乳には影響しませんか?

乳腺組織を傷つけずに行うため影響はございません。

手術跡は残りますか?

術後、注入のための針穴のあとは赤く残りますが、時間とともにほとんど消失します。

手術後、仕事ができるようになるまでどのくらいの時間が必要ですか。

術後2週間くらい軽い筋肉痛のような痛みを感じますので、デスクワーク程度であれば可能でしょうが、ハードなお仕事の場合は避けたほうがいいかもしれません。

一度、脂肪吸引した場所から再度吸引することは可能ですか。

元の脂肪層が厚く、まだ採れる脂肪が十分残っている場合は可能です。一般的には、一度脂肪吸引をすると、その部分に脂肪がつきにくくなり、難しくなります。

胸の大きさが左右で違いますが、手術は受けられますか。

CALは脂肪注入量の細かな調節が可能なため、左右の大きさが違っていても手術を受けられます。

手術後にレントゲン撮影をすると豊胸手術をしたということがわかりますか?

ご自身の脂肪を注入しますのでレントゲンで豊胸手術をしたことは分かりにくくなります。

幹細胞注入後、加齢とともに乳房も小さくなりますか。?

幹細胞注入を行って生着した乳房は、ご自身の体の一部になっています。従いまして、加齢とともに変化していきます。

手術後にマンモグラフィーでCALを行ったことが分かりますか?

マンモグラフィー検査では、ご自身の移植した脂肪は写りませんので、CALを行ったかどうかは分かりません。

手術の効果はどのくらいもちますか?

CALでは、注入した脂肪の一部は吸収されますが、残りは幹細胞の効果で生着して維持されます。
半年程度を経て、吸収されず定着した脂肪はその後加齢とともに少しずつ減っていきます。

クレジットカードで全額を支払うことはできますか?

はい、各種カードお取り扱いしており、お支払いただけます。

遠方から行くのですが、タイにどれぐらい滞在する必要がありますか ?

最低7-10日は再診なども含め、滞在する事をお勧めしております。

*Recovery times / Results can vary depending on individual