fbpx

CAL を用いたシリコンバッグ抜去+豊胸術

Implant Removal and Stemcell Fat Transfer Replacement (CAL®)
*Recovery times / Results May Vary

バッグの破損、硬化・痛みなどのトラブル、以前他院で挿入したバックでも取り出しを承っております。女性には様々なライフステージがあり、シリコンバッグを入れ胸を大きくしたたいと思った気持ちの時、また様々な理由で抜去したい、でも胸がなくなるのは嫌という気持ち…。

シリコンバッグは人工物なのでしこり、破損、型崩れなどのトラブル、また異物が入っている、抜去した後のたるみやえぐれ、バストが小さくなるいう不安やストレスを感じる方も多くいらっしゃいます。

その想いに答える事が出来るのが、日本東京大学医学部形成外科との共同開発により生まれた新しい再生医療技術 「CAL(Cell Assisted Lipotransfer)幹細胞脂肪注入」CALを用いたシリコンバッグ抜去+豊胸術、違和感のあるシリコンバッグ豊胸の胸を脂肪注入で改善させます。

幹細胞を用いた再生医療

成長すると血管や脂肪細胞などに分化していく赤ちゃん細胞が「幹細胞」。CALによって働きの良いもののみ抽出することで幹細胞は活性化し、その活性化した幹細胞を混ぜた脂肪を注入することで、脂肪が死んでも自ら血管や次の脂肪細胞を生み出すため、長期間にわたって大きさや形、バストアップ効果を維持することができます。

シリコンバッグ抜去後の胸にCALを行うことによって、ご自身の脂肪ならではの自然な膨らみを得ることが期待でき、シリコンッグのようなツッパリ感がなく、破損のリスクや入替といったメンテナンスの必要もありません。またシリコンバッグにより伸ばされていた皮膚のおかげで、注入した脂肪の生着率が特に良いというデータもあります。

CALは脂肪幹細胞を用いての乳ガン術後の乳房再建治療で特許を有してい技術で、他の抽出手法と比較すると抽出できる幹細胞数が一番多く、細胞の壊死が起きにくいため、移植部位でしこり(石灰化)になることが少ないという

 

またご自分の幹細胞を使うため副作用や拒否反応などもなく安心、脂肪が移植された部分はやわらかく高い定着率、ボリューム感・立体感で自然で綺麗な仕上がりに完成させます。

更に特別に開発された専用注射器を使用することによって、傷跡が3mm程度で小さくてすむというメリットもあります。シリコンバッグを抜去後は自分の脂肪を注入して自然な形に修正することが可能で、見た目も触感も自然な仕上がりになるため、手術ををしたかどうか分からないほどです。丁寧で無駄のない幹細胞抽出が可能なCAL技術が日本国外では、ここタイ・バンコクのNIRUNDAだけでお受けできます。

  • 幹細胞のチカラで脂肪の生着率向上
    幹細胞濃度を最大限に高めた脂肪を注入することで、従来の脂肪注入よりも注入効果が増幅
  • 気になる部分の脂肪を利用
    サイズダウンしたい体の気になる部分の脂肪を利用して、バストアップ
  • CALだからできる、安全かつ自然な仕上がり
    細胞の壊死・石灰化も起こりにくいのは、特許技術のCAL幹細胞抽出技術は専用の無菌細胞処理室で無駄なく、新鮮なうちに、より多くの良質な幹細胞を抽出可能なため
施術の流れ

血液検査、レントゲン撮影、心電図、CT、マンモグラフィー検査など術前検査を実施します。 全身麻酔で行うため、麻酔は執刀医とは別の麻酔科医が行います。手術時間は4時間程度で、その間に脂肪吸引、幹細胞の抽出、幹細胞と注入用脂肪の混和、シリコンバッグ抜去、脂肪注入の全てを行います。1泊入院の手術となり、術後1週間後に再診をおこないます。


Testimonials


Testimonials Write a review
Order by:

Be the first to leave a review.

User Avatar User Avatar
Verified
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

Show more
{{ pageNumber+1 }}
Write a review .