fbpx

色素斑(シミ・そばかす・肝斑・くすみ)

Skin Discolorations
*Recovery times / Results May Vary

シミには、老人性色素斑・雀卵斑(そばかす)・肝斑などの種類があります。原因・症状によって治療方法が異なり、適切な治療方法やペースも、人によって異なります。
二ランダークリニックのカウンセリングでは、シミについてのお悩みを丁寧に伺い、お聞きした内容を元に一人ひとりに合わせた治療プランをご提案いたします。

シミ

シミは長年にわたって少しずつ浴びた紫外線によって、メラニン色素が蓄積されて発生します。メラニン色素は皮膚のターンオーバー(新陳代謝)によって剥がれ落ちているのですが、排出されずそのまま肌に残ってしまった古いメラニン色素がシミの原因となってしまうのです。日焼けを繰り返した人ほどできやすいと言われており、紫外線を浴び続けていると色が濃くなったり、数が増えたりするので、日頃のUVケアが大切です。


そばかす(雀卵斑)

そばかすは小さな茶色の色素斑が目の下や鼻を中心に広く分布しているのが特長で、手の甲や背中、肩など身体までできることもあり、多くは遺伝が要因で、紫外線の影響から濃くなってしまう場合もあります。


肝斑

肝斑は日本人に多く見られることも特徴的で、両方の頬に左右対称に薄茶色の色素沈着が浮きで、ときには顎のあたりや額、鼻下あたりにも出ることもあります。その原因ははっきりしていませんが、妊娠時や女性ホルモンのバランスの乱れ、紫外線、患部の過剰な刺激によって発生します。根本治療とはなりませんが、現在ではレーザー治療、処方薬など複合治療で大幅に改善することが可能になっています。


くすみ

くすみは乾燥によって肌の角質が一時的に厚くなること、または加齢によって肌のター ンオーバー(新陳代謝)が低下し、慢性的に肌の角質が厚くなることによって発生するものがあります。また、血行不良も影響してくすみができることが多いで す。くすみは、顔の印象がを変えるばかりでなく、くすんだ状態はしみや色素沈着が起こりやすい状態といえますので、早めに改善することをお勧めします。


赤ら顔、酒さ、毛細血管拡張症、血管疾患、ニキビあとの赤み

赤ら顔、酒さ、毛細血管拡張症、静脈瘤、血管疾患、ニキビあとなどの赤みは、毛細血管の拡張と増殖により、赤みが強くなった状態で、血管病変に応じた正確なレーザー治療が効果的です。

 
レーザートーニング治療

皮膚のトーンつまり色調を整えるという意味です, 回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、透明感のある肌へと導くレーザー施術法です。肌の中に滞留しているメラニンを少しずつ壊していき、同時にコラーゲンの生成、小じわ改善、キメや肌のトーンを透明にします。炎症を起こさない弱いパワーでレーザーを顔全体に均一に照射。かさぶたにならずダウンタイムがないため、施術後はすぐにお化粧をしてお帰り頂け、洗顔や入浴も当日から可能です。


レーザートーニング治療

  • メドライトC6
  • SRA
  • デュアルイエロー
  • MaxG

Testimonials


Testimonials Write a review
Order by:

Be the first to leave a review.

User Avatar User Avatar
Verified
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

Show more
{{ pageNumber+1 }}
Write a review .