目・下まぶたのたるみ取り(下眼瞼下垂)、脂肪除去

Lower Eyelid Surgery
*Recovery times / Results May Vary

上下まぶたのたるみ取り(上下眼瞼下垂)、脂肪除去化粧品では解決できない目の上下のたるみ。加齢や重力の影響で皮膚が弾力性をうしない脂肪もつき、伸びて垂れ下がった状態。その余分な皮膚の部分を取り除けば、一気に若返り元気な目元の印象に。

施術対象
  • 目の下に脂肪が突き出し、その下部分がくぼみ、かげをしきおこしている
  • 脂肪がでて皮膚がたるみシワができてしまっている方
  • 脂肪や皮膚のたるみのかげがクマのようにみせてしまう
  • 老けて、疲れた印象に見えてしまう
 
施術法

下まぶたのたるみ取り(下眼瞼下垂)、脂肪除去とは?
  1. 目の内側の結膜を数ミリ切開し、そこから脂肪を除去。手術後抜糸の必要も無く、外傷も無いため、洗顔とお化粧が当日から可能です。
  2. 下まつ毛ぎりぎりのラインところで切開し余分な脂肪が多くある場合は除去、たるんだ余分なまぶたの皮膚部分を数ミリ切除して縫い合わせ修正していきます。 目の下のかげが改善され顔全体に明るい印象を与えます。

一人一人の状態に合わせ、施術で除去した脂肪を再配置脂肪再配置は、除去した脂肪をくぼんでいる部位に移動させ、弾力がある目元に矯正仕上げます。

ダウンタイム・術後経過

約一週間が経つと70%ほど腫れが引き、残りの腫れは1~2ヶ月経つと引きます。6ヶ月以上経つと自然な二重まぶたになります。