fbpx
*Recovery times / Results May Vary

chemical peel

肌にフルーツ酸、グリコール酸やサリチル酸などのピーリング剤を塗り、古い角質層や毛穴をふさいでいる角化物をやさしく取り除く治療法です。皮膚のターンオーバーを促 し、ニキビ・シミ・くすみなどの改善が期待できます。特にニキビには高い改善効果が認められます。症状に応じて、2~4週間ごとに行います。

施術対応
  • ニキビやニキビあとを改善したい方
  • 化膿しているニキビ、白ニキビを治したい
  • 毛穴の凸凹がめだつ
  • くすみが気になる
ケミカルピーリング前のご注意

ピーリングを受ける3日前から、お顔剃りや剥がすタイプのパックはお休み下さい。肌にウイルス・細菌による感染症や、湿疹・かぶれ・外傷などのトラブルがある時も、控えましょう。

ケミカルピーリング中・後のご注意

医師が肌の状態をみて薬剤の種類や濃度・塗布時間を決めますが、ピーリング中、薬剤の作用により一時的に肌がピリピリすることがあります。痛すぎる場合は我慢せずにお申し出下さい。ピーリングの後に赤みが出る場合がありますが、通常は一日ほどで自然に軽快します。またうす皮が破れ小さなかさぶたができることがありますが、無理に剥がさないで下さい。

ケミカルピーリング後のケア

ピーリング後の肌は角質層がやや薄くなっていますので、剥がすタイプのパックやスクラブ洗顔などは行わないで下さい。肌を乾燥させないように気をつけ、保湿を十分に行い紫外線をできるだけ避けて日焼け止めを必ずお使いください。