fbpx
*Recovery times / Results May Vary

dual yellow

Non-Ablative Photo Rejuvenation

デュアルイエローレーザーはオーストラリア製で、特徴は511nmと578nmの2種類の波長のレーザーを放射します。
1種類目のレー ザーは緑色の波長511nmは、表皮にできる斑点にメラニン色素に対して吸収がより高く、2種類目のレーザーは黄色く波長578 nm.、ヘモグロビンに最も吸収される波長で、毛細血管拡張症に効果があり、治療後も皮膚の表面にダメージを与えません。又それぞれ別々に照射もでき、いろんな割合で混合して照射することも可能です。

通常のレーザーは単波長ですが、このレーザーは 511nm(グリーン:メラニンの黒に反応) と578nm(イエロー:赤血球の赤に反応)の2つの波長を個々にあるいは同時に比率を変えて照射することが可能で、色々な疾患に対応することが出来ます。 特に血管系に効果がある578nm(イエロー)の波長は酸化ヘモグロビンの吸収のピークと完全に一致しており、より少ないパワーで、より強力に毛細血管拡張症,(血管の拡張・赤ら顔・酒さ)・ニ キビ・血管腫の治療が出来ます。

今までのレーザーでは治療が出来なかった肝斑、炎症後色素沈着にも応用でき、シミ(日光性色素斑、肝斑、そばかす(雀卵斑))、脂漏性角化症(老人性いぼ)、単純性血管腫、肥厚性瘢痕、など多岐に渡ります。

また511nm(グリーン)の波長を利用することにより、シミ・ホクロ・イボなどの治療も出来ます。

Dual Yellow の対象治療
  • 肝斑(そばかす、シミ、様々な傷跡の色素沈着)
  • 毛細血管拡張・赤ら顔
  • ニキビ・ニキビ痕
  • スキン・レジュビネーション (肌若返り治療)
安全性は

高性能のレーザーで狙った箇所だけを治療するので周りの肌に影響をもたらしません。傷、あざ、肌の色が変わるといった副作用も無く、すべての肌の色に適応且つ安全に治療します。

治療後のケア

より良い結果を得るためにも十分な保湿と紫外線に対して敏感になりやすいので、日焼け止めをこまめに塗る

注意事項
  • 施術直後よりお化粧が可能です。
  • 反応・効果には個人差があり、施術後赤みが出ることがありますが、通常は24時間以内に消失します。
  • 施術後、シミの部分が薄いかさぶたになることがありますが、数日で自然に剥がれるまで無理に剥がさないで下さい。
  • 通常2-3週間ごとに5回以上の施術をお勧めします。
  • 施術前後は日焼けを避けてください。
  • 施術後には保湿をこまめに行ってください。

Q & A

1痛みはありますか?
強力な冷却を行いながら照射しますので、原則的に痛みはほとんどありませんが、個人差はあります。
2ダウンタイムは長いですか?
ありません。赤みが出てもすぐに消えます。
3治療後、お化粧はすぐできますか?
治療当日から可能です。
4治療回数はどのくらいですか?
患者様の症状や部位により異なりますが、5回以上の治療をおすすめしております